E. Costello : I believe in what does not need to believe in me.──J. M. Coetzee

2018/08/03

日経プロムナード第5回「ニーナ・シモン」

 1973年10月に初来日したニーナ・シモン。
 ニーナ・シモンの舞台の迫力は、それまで「ジャズでなければ、絶対にジャズよ!」といっていた若い学生にとって、頭から冷水をかけられるような体験だった。

 日経新聞の金曜プロムナード。今回はニーナ・シモンについて。1960年代に米国で血を流しながら戦われた黒人たちの公民権運動、そのディーヴァだったニーナ・シモン。

 今日のコラムでも書いた、わたしのイチオシ、「ブラウン・ベイビー」の歌詞を貼り付けておこう。

 61年録音のアルバム「ニーナ・シモン・アット・ザ・ヴィレッジ・ゲイト」に収録されている。
 最後の一連の「この手には決して入らなかったものをおまえが手にするようになると嬉しいねえ」というところで、いつも涙がでてくる。ニーナの絶唱です。

 YOUTUBEでも、すぐに見つかるので、ぜひ!

Brown Baby

Brown baby brown baby
As you grow up I want you to drink from the plenty cup
I want you to stand up tall and proud
And I want you to speak up clear and loud
Brown baby brown baby brown baby

As years go by I want you to go with your head up high
I want you to live by the justice code
And I want you to walk down freedom's road
You little brown baby

So lie away lie away sleeping lie away singing
Lie away sleeping lie away safe in my arms
Till your daddy and you mama protect you
And keep you safe from harm
Brown baby

It makes me glad you gonna have things that I never had
When out of men's heart all hate is hurled
Sweetie you gonna live in a better world
Brown baby brown baby brown baby

ソングライター: Oscar Brown Jr.
Brown Baby 歌詞 © Cmg Worldwide Inc