Elizabeth Costello : I believe in what does not need to believe in me.──J. M. Coetzee

2019/07/31

8月25日イベントの予約始まりました

チママンダ・ンゴズィ・アディーチェの『イジェアウェレへ フェミニスト宣言、15の提案』と『なにかが首のまわりに』(河出書房新社)W刊行記念で、斎藤真理子さんととことん話します。申し込み受付が始まりました。


今日も眼鏡をふいている──翻訳・移民・フェミニズム


     くぼたのぞみ × 斎藤真理子


8月25日午後3時~  場所は:下北沢B&B

申し込みは こちらから



<イベント紹介>
パソコンに向かって、原文と日本語の訳文をにらみながら、ふっと翻訳作業の手を止めて眼鏡をふく。画面から目を離して、曇った眼鏡を丁寧に布でふいていると、そうだった! と気づく。クリアになった眼鏡をかけなおし、またパソコン画面を見ると上手くいかなかった理由がわかる。軽くうつむいて眼鏡をふく一瞬が、作品をつらぬくコンテキストを探る動作になっていたのだ。

アフリカ社会で妹が兄を鋭く見つめる「セル・ワン」、主人公が成長していく「イミテーション」「なにかが首のまわりに」、未経験の歴史の痛覚「ゴースト」、少子化社会で子育てするとは不安を手なづけることなのかと問いたくなる「先週の月曜日に」、マンスプレイニングとパターナリズムの典型の物語。ナイジェリアと米国へ移民する人々の暮らしが絡まる短篇集『なにかが首のまわりに』を読むと、そうか、女たちはどこでもずっと「フェミニズム」の中身を生きてきたのだと気がつく。

 アフリカ発/系の文学を訳してきたくぼたのぞみと、韓国フェミニズム文学の大ヒットを生んだ斎藤真理子さんの、話しはじめたら止まらない「ジャンピング・フェミ・トーク」です。びっくりするような話が飛び出すかも。

2019/07/16

8月25日午後3時:アディーチェ新刊発売イベント


825日(日曜)午後3時から、下北沢のB&Bで、対談します!

こんな8月の暑い時期に、、、とお思いの方もいらっしゃるでしょう。その暑さに負けずに熱く語りあうお相手が、今回もまた豪華。なんと、いまをときめく:

   斎藤真理子 さんです!

チママンダ・ンゴズィ・アディーチェの『イジェアウェレへ フェミニスト宣言、15の提案』と『なにかが首のまわりに』(河出書房新社刊)の刊行記念。

イベント内容は、B&Bのサイトにはまだアップされていませんが、月末にはお知らせできるはずです。メールで軽い打ち合わせをしているだけで、すでにあれこれ盛りあがっていて、いやいや、なんかすごい話が飛び出しそう! お楽しみに!

 それにしても、なにこの気温! という涼しさです。8月には暑くなるかな、なるかな。

2019/07/15

朝日新聞にアディーチェ文庫『なにかが首のまわりに』が!

7月13日(土曜)の朝日新聞読書欄で、「辛島デイヴィッドが薦める文庫この新刊」で拙訳のアディーチェ文庫『なにかが首のまわりに』が紹介されました。! 辛島さん、Muchas gracias!

(1)『不時着する流星たち』小川洋子著、角川文庫
(2)『静かな雨』宮下奈都著、文春文庫
に続いて、
(3)『なにかが首のまわりに』チママンダ・ンゴズィ・アディーチェ著、くぼたのぞみ訳、河出文庫
が紹介されています。写真もネットではカラーで出てきます。

 これで、アディーチェも文庫化されて、大学の授業でいつでも使える、と喜んでくださる声があちこちから聞こえてきます。文庫の威力、底力です。よかった! 

2019/07/06

カナディアンロッキーのすばらしい写真です

いつも英語のネイティブチェックをお願いしているカナダの友人、ブライアン・スモールショーさんは無類の山好き。今年もまたカナディアンロッキーに登ってすばらしい写真をアップしています。7月だというのにまだ凍りついた湖。雪をいただく山。夜半の豪雨のあと、突然雷かと思うような轟音が聞こえてきたのは、雨で氷河が地滑りを起こしている音だと。。。スケールがすごい。熱波が襲う地域もあるけど、この悠然たる山々のすばらしさ、現地へ行った人の写真で楽しめる幸運!
Many thanks, Brian!