E. Costello : I believe in what does not need to believe in me.──J. M. Coetzee

2009/01/09

アミラ・ハス──イスラエル軍は民家にまず犬を送り込み、それから兵士が

w w w . h a a r e t z . c o m
ハアレツ紙/Last update - 05:59 09/01/2009
アミラ・ハス

イスラエル軍はガザの民家に、まず犬を送り込み、それから兵士が

パレスチナ人たちがいうには、イスラエル兵は戦車のなかに残っていて、最後の最後に、ガザの住居に乗り込んでくる。「兵士たちはわざわざ戦車から出て、われわれの家に入ってくることはありません──先に犬を送り込んでから、その地域を一掃するんです」とガザ北部の家から強制退去させられたパレスチナ人たちはいう。

Mは、ジャバリヤ難民キャンプの住人で、ハアレツ紙にこう語った。「軍はすごくゆっくり動きます。戦車が家々に近づくと、そこで彼らは犬を送り込みます。もしもその家が3階建てなら、3匹の犬を送り込むんです。犬は片方の足にカメラを装着されていて、もう一方の足にウォーキートーキー(携帯用の送受信両用の無線電話機)を装着されています。そうやって、犬に家のなかにあるものを伝達させています。それから、戦車が塀に乗り上げ、入口のところまで近づき、そこで兵士が戦車から出てくるんです」

Mによれば、兵士が入っていっても、女性と、子どもたちと、高齢者しかいないという。50歳以下の男たちは全員、拡声機で、学校へ集まるよういわれたからだ。

「国連が避難場所として開設した学校へ行ったり、モスクに身を隠すのを、みんなものすごく恐がっています。イスラエル軍がそこも爆撃するからです」とMは言い足した。

【転送・転載 歓迎】
 **********************************
今日のもう一つのハスの記事は:「人権グループが負傷したパレスチナ人への医療アクセスを要求