E. Costello : I believe in what does not need to believe in me.──J. M. Coetzee

2011/12/27

遅れてやってくるもの

今年はなんという活躍ぶりだったろう! 
その人、管啓次郎さんらが編集する『ろうそくの炎がささやく言葉』を、読んでいる。

いまごろ?
と思われるのは重々承知で書く。
いつも遅れてやってくるのだ。それは。ことばがこちらに染み入ってくるようになるまで、ある変化を待っていた、のかも、しれない。本そのものは、永く、永く読み継がれていく、そういう書物だ。


忘れえない2011年の最後に、セザリアの歌を聴きながら。