E. Costello : I believe in what does not need to believe in me.──J. M. Coetzee

2015/08/13

パウル・クレーと夏日記(12)

西瓜に負けて白旗をあげた分、今日は少しだけ涼しくなったかなあ、と勝手に決め込む一日です。おかげで、いつもより仕事は進んだ。それでも午後も遅くなると、じりじりと西陽が射して。。。。

 今日のクレーは「1」です。白いはちまきに「1」と書かれているのは、走者か、はたまた、ダンサーか? なんだか死神っぽい雰囲気もあって。ひゃっ!


 がらんと人気の少ない電車、ぱらぱらと路上を歩く人、夏休みでみんな帰郷したのか、そんな、混雑とはちょっとだけ遠い街で、昨日は友人たちと冷酒を飲んだ。(う〜ん、だんだんホンモノの日記になっていくなあ/笑。)