E. Costello : I believe in what does not need to believe in me.──J. M. Coetzee

2015/06/28

6月の青空の下のメンフィス──ニーナ・シモン

6月の最後の日曜日に、ニーナ・シモンが歌う「Memphis in June/6月のメンフィス」を。

ここ5日のあいだに米国南部では4つも黒人教会が放火されて、まるで60年代の公民権運動時代に戻ったよう。その60年代の運動のまごうことなきディーヴァだったニーナ・シモンが歌うこの曲は、でも、とってもやさしい。
 メンフィスの日曜の青い空の下、いとこのミランダがブルーベリーパイを焼いてくれて、通りの向いでおばあちゃんがロッキングチェアを揺らしながら道ゆく人をながめていて、あまい西洋キョウチクトウの香りがあたりに漂って、天国みたいなメンフィス。 



Nina Simone – Memphis In June

Memphis in June
A shade veranda under Sunday blue sky
Memphis in June
And my cousin Miranda she's making a blueberry pie

I can see the clock outside a ticking and a tocking
Everything so peaceful and dandy
I can see my grandmama 'cross the street still a rocking
Watching all the neighbours go by oh my

Memphis in June
Sweet oleander blowing perfume in the air everywhere
Up jumps the moon to make it so much grander
It's paradise honey take my advice honey
Cos there's nothing like old Memphis in June