E. Costello : I believe in what does not need to believe in me.──J. M. Coetzee

2012/04/01

さあ、明日から

4年ごしの仕事をひと区切り。プリンタが壊れたのでプリントアウトもしない。紙類を必要なもの、要らないものに分けて、どんどん整理して処分したら、机のまわりが少しだけすっきりした。明日の朝、メールで原稿を送れば本格的に一段落だ。

 目をあげると、窓のむこうに被寒桜の濃い花色が散らばっている。その向こうには白いユキヤナギと黄色いレンギョウのコンビネーション。少し遅い春とはいえ、またいつものように季節はめぐる。

 この一年、いろんなことがあって、いろんなことが変わった。でも、花は今年も訪れる。少し遅れて、それでいいじゃないか。早い、速い、はもういいナ。
 
 いよいよ、クッツェー三部作へ。
 心はふたたび赤土の乾いた土地へ。