E. Costello : I believe in what does not need to believe in me.──J. M. Coetzee

2012/03/25

缶詰状態で聴く歌

いまはむかし。この歌が「蛍の光」として流れ、歌われる季節になりました。学校の卒業式で歌われる歌詞はいただけないけれど、このヴァージョンは好きです。
 60歳をすぎると、この本歌のしごく素朴な意味を考えながら、こんなヴァージョンで聴くのもいい。