2010/05/09

Regresso ── レグレッソ/帰還

ギニア・ビサウつづきで、アミルカル・カブラル(1924~1973)の詩にジョゼ・アゴスティーニョが曲をつけた「Regresso/レグレッソ」のことを少し書いておこう。

アミルカル・カブラルはギニア・ビサウの生んだ、知る人ぞ知る革命家/詩人だけれど、父親がカボヴェルデの人で母親がギニアの人だった。だから、ポルトガルからの独立解放運動はギニアとカボヴェルデの両方をいっしょにやった。それでこの曲「レグレッソ」にもカボヴェルデ(緑の岬)の緑野が出てくる。
 カブラル自身はギニア・ビサウ独立の数カ月前、解放を見ることなく死んだ。曲はかぎりなく美しく、心にしみる。
 
Regresso (José Agostinho/Amílcar Cabral)

Mamã velha, venha ouvir comigo
O bater da chuva lá no seu portão
É um bater de amigo
Que vibra dentro de meu coração

Venha mamãe venha ouvir comigo
Recobre as forças e chegue ao seu porlão
Que a chuva amiga já falou mantenha
E bate dentro do meu coração

A chuva amiga, Mamãe velha
A chuva que há tanto tempo não
Batia assim...
Ouvi dizer que a Cidade Velha,
A ilha toda em poucos dias
Já virou jardim...

Dizem que o campo se cobriu de verde,
Da cor mais bela
Que é a cor de esperança
Que a terra agora é mesmo Cabo Verde
É tempestade que já virou bonança...

Venha comigo, Mamãe velha, venha
Recobre a força e cheguese ao portão.
A chuva amiga já falou mantenha
E bate dentro de meu coração


上の歌詞はポルトガル語。(ちゃんと書けたかな?)
この曲は、なんといってもセザリア・エヴォラとカエターノ・ヴェローゾの歌が白眉。左のアルバムにも入っている。くりかえし何度も聴いた。
 さあ、思い込みで訳してみよう。もちろん英語から。


<帰還>

年老いたママ、ここに来て耳を澄まそうよ
ドアを打つ雨の音に、ほら、
やさしい音が、僕のこころのなかで
とくとくと脈を打つ

来て、年老いたママ、耳を澄まそうよ
力をふりしぼってドアまでやって来て
雨が、僕たちの友である雨が、救いを送ってくれて
僕のこころのなかで脈を打つ

雨だ、僕たちの友の雨だ、老いたママ
もう久しく、こんなふうには
降らなかった雨だ
聞いたよ、シダーデ・ヴェーリャが
島ぜんたいが、ほんの数日で
緑の楽園になったって

聞いたよ、野原がいちめん緑におおわれたって
もっとも美しい色に
希望の色に
いまでは土地が本当にカボヴェルデ/緑の岬みたいで
嵐が去って平穏がやってきたって

来て、年老いたママ、来て
力をふりしぼってドアまでやって来て
雨が、僕たちの友である雨が、救いを送ってくれて
僕のこころのなかで脈を打つ

リンクが飛べなくなったので、この曲の録音場面をうつす動画を以下に。