E. Costello : I believe in what does not need to believe in me.──J. M. Coetzee

2009/03/15

球根たち──「人それを呼んで反歌という」より

 みみず けら なめくじ

目のないものたちが
したしげに話しかけ
る死んだものたちの
瞳をさがしていると

一年じゅう
の息のにお
いが犇めき
寄ってくる

小鳥たちの屍骸
がわすれられた
球根のようにこ
ろがっている月

葬むられなかつた
空をあるく寝つき
のわるい子供たち

あすは、

 すいみつ。せみ。にゆうどうぐも。
                      (六月)

       『安東次男全詩全句集』(思潮社刊、2008)

****************
また桜の季節が近づいてきた。この時期になると詩人、安東次男の命日が近いことを思い出す。4月9日。
 彼が逝った年も暖冬だった。桜は例年よりも早く開き、3月下旬に盛りを迎えた。ストレッチャーに乗せられた詩人は、飽くことなく桜花を見ていたという。花のもとに逝った詩人を偲んで、今年もまた、彼の詩を幾篇か、ここに写す。