E. Costello : I believe in what does not need to believe in me.──J. M. Coetzee

2008/01/01

エリック・アンダースンの「ブルー・リヴァー」

あけましておめでとうございます。

 今年は「わたしの好きな音楽」を書き加えていきたいと思います。最近のミュージックシーンからはひどく遠ざかっていますので、話はたぶん、むかし聴いた音楽、いまも変わらず聴いている音楽、とずいぶん偏った紹介になっていくでしょう。
 今年まず最初にかけたアルバムは、Eric Andersen の「Blue River」。このアーチストを初めて聴いたのは34年前、わたしがうだつのあがらぬOLをやっていたころです。先輩の同僚のお気に入りで、すすめられるままに聴いたアルバムは、全9曲が入った紙ジャケットのLP。そんな時代でした。
 LPは、当時ガリガリになるまで聴いたので、その後、再発売されたCDを買いなおしたのですが、あらたに賑やかなリズムの2曲が加えられていて、がっかり。静かに余韻を残して終わる構成が台無しになっていたからです。私の好みに合わないので、焼き直して、本来のLPのシークエンスに作り直して聴いています。
 とりわけ好きなのが、3曲目の「Wind and Sand」と、ジョニ・ミッチェルがバックコーラスに加わっている5曲目の「Blue River」。その、Blue River の歌詞を以下に。
*************

「Blue River」 by Eric Andersen

Old man go to the river
To drop his bale of woes
He could go if he wanted to
It's just a boat to row you know

-Listen to me now, -Chorus:
Blue river keep right on rollin'
All along the shore line
Keep us safe from the deep and the dark
Cause we don't want to stray too far

I spent the day with my old dog Mo
Down an old dirt road
What he's thinkin' Lord I don't know
But for him (I bet) the time just goes so slow...
don't you know

-but -Chorus:
Blue river keep right on rollin'
All along the shore line
Keep us safe from the deep and the dark
Cause we don't want to stray too far

Young Rob stands with his ax in his hand
Believin' that the crops are in
Firewood stacked, ten by ten
For the wife, the folks, the kids
and all of the kin... and a friend

-listen to me now - chorus:
Blue river keep right on rollin'
All along the shore line
Keep us safe from the deep and the dark
Cause we don't want to stray too far
No, we don't want to stray too far

***************
付記:CDバージョンに加わった2曲が賑やかなリズムの曲と書きましたが、そのうち「Come To My Bedside, My Darlin'」はスローな曲でした。賑やかなリズムの曲というのは最後の一曲。いずれにしても、ボーナストラックというのは曲者です。たいていは要らない。「おまけ」というのはなにかを壊してしまう。