E. Costello : I believe in what does not need to believe in me.──J. M. Coetzee

2015/09/05

気まぐれな空もよう

さっきまで晴れていた空が、またどんよりと曇ってきて、ばさばさっと雨滴が落ちて、奇妙に明るい空に、ところどころ、茜色の薄日がさしている。
 昨日も今日も家にこもって、とにもかくにも先へ進み、這うようにして最終行までたどりついた。ふうううっ!

「シーリング」ついに彼女は口を開いた。「なかに入って」