E. Costello : I believe in what does not need to believe in me.──J. M. Coetzee

2014/07/31

『記憶のゆきを踏んで』が共同通信の記事に

詩人の平田俊子さんが担当する月評「詩はいま 7月号」で、詩集『記憶のゆきを踏んで』(インスクリプト刊)を取りあげてくれました。とても嬉しいです。
 前半は八木忠栄氏の『雪、おんおん』(思潮社)について。新潟出身の八木氏の詩には新潟の雪が降り、北海道出身のわたしの詩には北海道の雪が降っている、と書いてくださった。たしかに、新潟の雪と北海道の雪とはちがうけれど、真夏に雪の詩集が二冊、というのも涼しげな趣向です。Muchas gracias!