E. Costello : I believe in what does not need to believe in me.──J. M. Coetzee

2010/08/31

8月の終わりに

昼なかの蟬しぐれもはたとやみ、それでも、ちょっと遅れてやってきたのか、一、二匹、じっとりとたたずむ木立の樹皮に、いっときの足場をもとめて、思い出したように鳴いている。

 8月も今日で終わり。酷暑は収束する気配すらない。それでも、夜は虫の音がすずやかに耳にとどきはじめた。こもれ陽のなかを抜けると、ひろがる緑のなかにちらほらと色づく黄色。

 地を蹴って走る足は、ついに昇りきることのなかった黄色い太陽を追いかけてゆく。