E. Costello : I believe in what does not need to believe in me.──J. M. Coetzee

2018/01/15

J・M・クッツェーが『少年時代』に撮った写真

仕事が一区切りついたので、なかなかアップできなかった記事を、これまた備忘のためにアップしておこう。

1月20日までケープタウンのロンデボッシュにある画廊で開かれている写真展をめぐる記事だ。そこに展示されているのは、少年ジョンがカレッジ時代に写真に凝り、自宅に暗室まで作っていたころの写真。その展覧会について、あのマヤ・ジャギが1月2日にフィナンシャル・タイムズに評を書いていたので少しだけ紹介する。

https://www.ft.com/content/0b945a64-e4b0-11e7-a685-5634466a6915

まずは、興味深い写真をいくつか。

警察の車が2人の黒人歩行者の近くに寄っていく。
ケープタウン郊外ニューランズ。南ア政府が公式にアパルトヘイト制度を採用したのは1948年、
クッツェーがこの写真を撮った7、8年前のことだ

聖マリスト・カレッジで行われたラグビーの試合、ロンデボッシュ



今回の記事といっしょにアップされていた写真のなかで、もっとも興味深かったのは、父方の農場フューエルフォンテインの大晦日の写真と、少年ジョンを「小さな旦那さま」と呼んだロスとフリークが海を見ている写真だ。

ティキドラーイと言われる大晦日に開かれるダンス・パーティ。
「カメラにフラッシュを取り付けたけれど、シャッターと上手くシンクロしたことがなかった」と

ストランドフォンテインの海岸で、初めて海を見たロスとフリーク

農場がクッツェー家のものになる前からそこに住んでいたアウタ・ヤープという老人の息子ロスは、「いまや中年に差しかかり、とくに優れた働き手でもなく、頼りにもならず、ことを面倒にしがちであるにもかかわらず、そのあとを彼の息子が継ぐのは暗黙の了解」であるのに対して、「もう一人の雇い人フリークは、ロスより若くてエネルギッシュで、飲み込みも早く頼りにもなる。にもかかわらず、フリークは農場の一部ではない」拙訳『サマータイム、青年時代、少年時代』インスクリプト刊 p93)。
「フリークは穏やかで、話し方が柔らかだ。太いタイヤの自転車とギターをもっている。夕方になると自分の部屋の外に腰かけ、近寄りがたい笑みを浮かべて、独りでギターを弾く」(同書p95)

 このロスとフリークが生まれて初めて海を見ている、その写真に今回の展示のためにJMクッツェーが書いたキャプションにはこうあるという。


 彼らがなにを思ったか、いまとなってはぼくには永遠に分からない。


 どれも、さまざまなことを想起させる写真である。


******
付記:2018.1.16付ニューヨークタイムズにも大きな記事が載りました。未見の写真もあって、驚きました。とくにプラムステッドの家の前で犬を抱いた母親ヴェラの写真など。

詳細はこちらへ。

プラムステッドの家の前に立つ母親ヴェラ


聖マリスト・カレッジで、修道僧ブラザー・アレクシスによる授業風景。
クッツェーのキャプションに「ブラザー・アレクシスが授業中に居眠りをするのを見て教師の役割なんてひどく退屈だと思った」と。『少年時代』には「無精髭を生やした太ったブ ラザー・アレクシスがアフリカーンス語のクラスで無様におならをして寝入ってしまったとき、ブラザー・ アレクシスは頭の良い人だから自分より劣った人間を教えていることに気づいたのだ、と自分を納得させる 」とあって、おかしい!
──拙訳『サマータイム、青年時代、少年時代』p146

ケープタウンの北へ200マイルほどのストランドフォンテインの海岸を訪れた、ロスとフリーク


父親ザカライアスと、母方の大叔母アニー。
父親との関係は『少年時代』に詳しく、『サマータイム』には懐古的フィクションとしてでてくる

聖ジョセフ・カレッジの学生。
クッツェー自身は『少年時代』に「自分ほどクリケットに身も心も打ち込んでいる者はい
ない」と書いている。──『サマータイム、青年時代、少年時代』p154

セルフポートレート


セルフポートレート

フューエルフォンテインは父方の伯父の農場。
南アフリカ中央部にある乾燥した地域カルーにある

ボックスカメラを手にする母ヴェラ